美白成分についてと「シミはなぜなかなか消えないの?」

美白成分についてと「シミはなぜなかなか消えないの?」


美白有効成分の種類

美白成分と言っても、単に「肌を白くする」「シミを消す」という成分ではありません。美白有効成分(美白成分、ホワイトニング成分)は色々な種類があってそれぞれ得意な分野がさまざまです。

①メラニンの生成を防ぐ美白成分

基本的にメラニンは、肌のターンオーバーで自然に排出されるものです。しかし、長年紫外線ダメージを受け続けていたり、ターンオーバーの乱れが原因で、肌に沈着してしまいます。これがシミとなります。

メラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑えたり、メラニンに関係するチロシナーゼの働きを抑え、メラニンの生成を防ぎます。


②メラニンを還元するもの(しみを薄くする)

メラニンの還元を促すことでしみを薄くする美白有効成分。すでにできてしまったシミに有効です。

また予防目的としてもおすすめ。まだシミが表面化していなくても、紫外線を受けることでメラニンが生成されているため、還元作用のある美白有効成分で常にケアすることがおすすめです。


③肌のターンオーバーを整えてメラニン排出を促すもの

メラニンは、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって、肌の表面へと押し上げられて、古い角質と一緒に剥がれ落ちます。加齢やストレス等様々な要因で肌のターンオーバーが乱れ遅れます。その結果、ターンオーバーによるメラニンの排出よりも、メラニン生成のサイクルの方が早くなり、肌に蓄積されてしまうのです。

肌のターンオーバーを整えることは、美白の基本中の基本となります。

主な美白有効成分

現在、厚生労働省によって認められている美白有効成分で、化粧品に配合されることも多い美白有効成分をご紹介しますね。


<ビタミンC誘導体>

メラニンの還元を促し、色を薄くしたりする働きがあります。またチロシナーゼの働きを抑える働きもあり、今のシミを薄くするのと予防の両方から働きかけてくれる優秀成分です。

いくつか種類がありますが、全成分表示では「アスコルビン酸〇〇」や「〇〇〇アスコルビル」などと記載されるものです。


<アルブチン>

コケモモに含まれている成分。

チロシンとチロシナーゼの結合を防ぐことで、メラニン生成に必要な酵素チロシナーゼの働きを阻害し、過剰なメラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぎます。



<プラセンタエキス>

動物の胎盤から抽出される成分です。メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぎます。


<カモミラET>

カミツレ(カモミール)の花が原料の成分。情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラノサイト(メラニンを生成する細胞)の活性化や増殖を抑えることで、メラニンの生成を抑える成分です。花王独自開発の美白有効成分で、一般的なカミツレ花エキスとは抽出方法が異なります。


<トラネキサム酸>

メラノサイト(メラニンを生成する細胞)の活性化を抑え、メラニンの生成を抑えます。肝斑にも効果的と言われています。


また抗炎症成分としても知られ、敏感肌用の化粧品にも配合されることもあります。


<コウジ酸>

醤油や日本酒などを製造する過程で発生する麹(こうじ)に含まれるコウジ菌が作り出す成分です。麹を扱う酒づくりの職人の手が白くなめらかであることから発見されたそうです。メラニン生成に必要なチロシナーゼの働きに必要な銅原資を奪い、チロシナーゼの働きを阻害します。


<リノール酸S>

紅花油などに含まれるリノール酸の美白効果を高めた成分です。チロシナーゼを分解することで、メラニンの生成を抑えます。また、肌のターンオーバーを促すことでメラニンの排出をサポートします。


<4MSK>

サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称です。チロシナーゼの活性を抑えメラニンの生成を抑制、また、シミのある部位で起きている角化プロセスの乱れ(慢性角化エラー)に作用して、蓄積したメラニンの排出を促します。


<ハイドロキノン>

皮膚科やクリニックで処方される薬剤。美白成分として知られていますが、現在、有効成分としての認可は得ていません。チロシナーゼの働きを抑えることで、メラニンの生成を抑えます。


美白化粧品とは

厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」あるいはこれに類似した効能を表示することが認められた成分を『美白有効成分』と言います。


そして、その『美白有効成分』を決められた範囲内(*)で配合して薬事認可を得た化粧品が、いわゆる『薬用化粧品』です。*美白有効成分の配合は、安全性と有効性(効果)の観点から、化粧品に配合する量が決められています。

シミはなぜなかなか消えないの?

日焼けをしても紫外線を浴びなければ元通りの肌色に戻ります。でも、シミはできてしまったらそのまま消えません。


シミというのは、日焼けのように肌色が濃くなった状態ではなく、肌のメラノサイト(メラニンを生成する細胞)が紫外線で刺激を受けて活性化され、いわば暴走運転したかのようにメラニンを作り続けているのです。


そしてさらに!

増えたメラニンが「もっとメラニンを作れ!」と指令を出すそう!そしてまたシミが成長、また「メラニンを作れ!」という細胞が増えてしまう…というシミの負のスパイラル…。


暴走運転を始めてしまうメラノサイト。美白成分を塗ったら「あら不思議、あれもこれもシミが消えちゃった♪」とはなかなかいかないのはこの仕組みのせいなのです。


でも!諦めなくても大丈夫♪

毎日、自分に合った美白成分をコツコツ使うことで、メラノサイトの暴走を止め、メラニンを排出還元することはできます。大切なのは、暴走を始めたメラノサイトに常に「ストップ」をかけること。毎日朝晩コツコツしっかり美白成分を浸透させましょう。




美白成分を効かせるために大切なこと

一番大切なことは…上にも書きましたが、

とにかく朝晩コツコツ続けることです。

ちょっと使って「シミ消えないから終わり」じゃなく、朝晩地道にコツコツ使うことが大切になります。1本使い終わって「薄くなったかも!」という方、「肝斑が気にならなくなった」という方もいらっしゃれば、半年ぐらいして実感したという方、皆さんそれぞれです。


一番私が感動した例では、弊社スタッフが、頬にあった大きな茶色いシミが、ドーナツ型に抜けていって、最後にはほとんど見えなくなったというケースです!美白原液ホワイトレメディを使い始めて、2か月ほどで経ってからだったと記憶しています♪


そしてもうひとつ大切なことは、クレンジング洗顔です。美白成分が効率よく肌に浸透する様に、シリコン入りや被膜感が残るものではなく、しっかりすっぴんにしてくれる「アクアクレンジング」を使ってください。


この記事のライター

「肌にいいものだけで化粧品作れないかな」そんな想いだけで化粧品ブランドを立ち上げた!アマルディア化粧品開発者兼代表。1967年2月26日生まれ。

関連する投稿


『誠実であふれる愛情を持っている牡牛座のあなたへ』

『誠実であふれる愛情を持っている牡牛座のあなたへ』

アマルディア化粧品より牡牛座の方へのお誕生日のお祝いメッセージです。


いつ塗ってる?寝室は大丈夫?彼女と私のUVカット対策

いつ塗ってる?寝室は大丈夫?彼女と私のUVカット対策

超美肌の友人に「美肌のヒミツ」をインタビュー。こちらは以前の記事をリライトしたものです。


美白原液ホワイトレメディリニューアル!

美白原液ホワイトレメディリニューアル!

シミくすみ肝斑に、実力の美白原液ホワイトレメディが、いよいよリニューアル発売いたします!


アクアクレンジングを最後まで使い切る裏ワザ★

アクアクレンジングを最後まで使い切る裏ワザ★

以前メルマガでご紹介したところ★『なるほど!』という反応をたくさんいただいたので、こんな裏ワザ?でよければ・・・と思い『ポンプ式化粧品を最後まで使い切る』ご紹介しますね★


泡はどこに置く?湯温は?乾燥・敏感肌も潤い残して透明感アップ『肌に優しい洗顔法』

泡はどこに置く?湯温は?乾燥・敏感肌も潤い残して透明感アップ『肌に優しい洗顔法』

間違ったクレンジング・洗顔は、乾燥肌、敏感肌だけじゃなく肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。あなたの洗顔間違ってませんか?


最新の投稿


『誠実であふれる愛情を持っている牡牛座のあなたへ』

『誠実であふれる愛情を持っている牡牛座のあなたへ』

アマルディア化粧品より牡牛座の方へのお誕生日のお祝いメッセージです。


いつ塗ってる?寝室は大丈夫?彼女と私のUVカット対策

いつ塗ってる?寝室は大丈夫?彼女と私のUVカット対策

超美肌の友人に「美肌のヒミツ」をインタビュー。こちらは以前の記事をリライトしたものです。


美白原液ホワイトレメディリニューアル!

美白原液ホワイトレメディリニューアル!

シミくすみ肝斑に、実力の美白原液ホワイトレメディが、いよいよリニューアル発売いたします!



「脱!ぺたんこ髪」髪ぺったんこからふんわりトップに!

「脱!ぺたんこ髪」髪ぺったんこからふんわりトップに!

気になる悩みは、ペタンコ髪という方多いです。薄毛やボリュームダウン、髪質でトップや前髪がペタンコになってしまう。


朝クレンジングのすごーい効果!